ecology 学問的には生態学であり、生物の生活や環境学と繋がり環境にいいとなるのかな。

もう一つはeconomy 経済ですね。
片方だけを語ってしまうと弊害や歪みが大きくなり良い方向にはいかない大きな問題と言えますね。そんな思いもあり

[人類が安全かつ豊かな生活を送ることが出来るとの思い]
から、[エコ]が使われているようです。
考えを膨らませれば膨大な量のエコに繋がることがあることが解ります。
アイドリングストップ 何年か前までは車の機能としてはありませんでした。急発進-10cc、急加速・空ぶかし-5cc、アイドリングは10分で14ccの

ガソリンが無駄になるので
車に優しい行動をすることでエコですよと言うことでしょうね。
タイヤの空気圧、接地抵抗が変われば負荷になるので燃料消費に関係しますね。
当然、無駄な荷物を積み続けることでも接地抵抗が負荷となるので変わりますね。
[エコ] 簡単な言葉ですが考えれば膨大な量となりますね。ここの数年の水害は温暖化の影響が大きいと聞きます。

残せるMIRAIを考えましょう。